トップ

インプラントの治療計画

インプラントの技術

ブリッジ

進歩を続けるインプラント技術

以前の一般的なインプラント治療は、平面的なレントゲンの画像により人工歯根を埋め込む手術をしていました。現在では歯科用CTが設置されるようになり、3次元画像による精密なデータが得られるようになり、念入りな治療計画を立てられるようになっています。それはCTの3次元データをコンピュータとソフトを用いて、適正な埋め込み位置が割り出し、またその位置に正確に穴を開けるための器具まで製作できるのです。それらの高度な技術が開発されたことにより、インプラント治療の正確性と安全性は格段に向上しました。現在でも治療の研究開発は行われていて、さらなる技術の進歩が期待されています。

技術はどんどん進化する

インプラント技術は、日進月歩で進んでいます。一昔前の施術は、ハンマーのような器具で、金属杭を顎の骨に打ち込むというような、荒っぽい施術法が行われたこともありました。そうした治療を受けた多くの方は、2度としたくない、と仰るものですが、現在の施術は、そうしたイメージを一蹴するほど、負担の少ないものに変わってきています。先進的な専用機器が格段に進み、患者さんの、施術を受ける際の負担は、格段に軽減しました。しっかりとした技術と先端機器によって、より負担の少ない、施術は可能になります。安全に施術を受けられるならば、失った歯を取り戻せる選択の1つとして、インプラントを考えてみたいものです。

↑PAGE TOP